プロフィール

ACE-K

Author:ACE-K
ACEです
どうも

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来歴

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

ソメワケヤッコ

昨年採集したソメワケです

150505A

ちょっと大きめの6cmくらい

150505B

レンテンと一緒にしています
時折、追われてますが、気になるほどではないので放置してあります



数年前にも飼育していたのですが
飼育して1年くらいすると体後半の青の部分がだんだん黄色になってしまいました
鑑賞価値ダウン↓↓

その時はチョウの入った混泳水槽でした
水質?照明?餌?
原因はいろいろ考えられますが、おそらくヤッコの色落ちに共通するようです
サンゴ水槽なんかで綺麗にキープされてる方がいるので、見習うように出来る範囲で飼育方法を試行錯誤してみます

レモンチョウ

ずっとダンゴウオの話だったので、たまにはチョウチョウウオの話を

日によって気温が違いますが、暖かい日が増えてきました
冬場は20℃設定の魚水槽もヒーターなしで24℃を超えるようになってきました

レモンチョウ

150411A

150411B

採集から今年で5年目
2匹の片割れを昨年里子に出してから若干状態が良くなった気がします
正面や上からみると太り気味な感じが
採れる機会は当分なさそうなので大事にしたいです

ダンゴウオ

ダンゴウオです

緑、赤茶、ピンクなどカラ-バリエーション豊富
見てて楽しい魚です

150221

近所の海では冬場に出てくる魚
なので水温は15℃くらいを維持しておく必要がありそう

蝶の羽根

ホウボウです
ヒレの鮮やかさは蝶(昆虫の方)の羽の様

140623

昔、海水魚の図鑑で見てずっと欲しいなと思ってました。
そのうちに居る場所が分かり、採れるようになったのですが、チョウチョウウオと一緒には飼えない魚ですね。
別枠でストック中。

この魚、実はフィッシュイーター。
小魚を入れると追い掛け回して(しかも早い)食べます。
メタルジグで釣れる理由が分かりました。

ハナゴイ

131222

ハナゴイです

今回はまとまって採集できました

が、この魚、こんなに飼育に手こずると思いませんでした
餌は食べてるかどうか微妙
水槽を覗くと石の下にすぐ隠れてしまう

キンハナやらケラマとは比べ物になりません
サンゴも食べない分ハナグロとかよりある意味難しいかも

今は冷凍ベビーブラインをやっていましたが、厳しい感じなので
ブライン沸かしてみようかと思います

バリエーション

130209

去年はキンチャクを多く見かけました

何匹か捕まえましたが、ほとんど人に渡してしまいました
残したのは色が気持ち薄い感じの1匹

ブルーラインがほとんどないタイプのようです
キンチャクは個体差が大きいですね
ハイブリッドなのもいるでしょうが
いろいろいて楽しいです

ロクセンヤッコ

120402

6本線になるそうです
今のところ10本くらいは線がありそうですが

ロクセンヤッコ

海で見ると なにか違和感があります
尾柄部まで真っ直ぐに線が入っているので
サザナミとは区別できますが
もっと小さい時だと分からないかも

シチセン

110919

昨年採集のシチセン
1年で倍くらいになりました

基本チョウは同種で争いますが
種類によってそんなに激しく争わないのもいます
個体差ありますが

で、シチセン
体もチョウにしては小さ目で
ゴマみたく動いたり
なんとなく激しくやらなそうなタイプに見えたので2匹で飼ってました

かなり気が強いです
シチセン同士でいつも威嚇してるし
レモンにもちょっかい出す様子

飼えないことはないですが
やはり1匹減らそうかと
難しいです

ユウゼン

110713

ユウゼンのペアです
水槽に対してちょっと大きすぎるが問題ですが。。
大きい方が黒が綺麗な感じがします

これだけ大きくても割とすぐ餌を食べるようになりました
一般的に大きい魚ほど慣れにくく、餌をなかなか食べないと言いますが
ウミヅキの大サイズも何故か簡単に餌付いた事例がありました
小さい=餌付き易い と
単純ではないような気がします

スズメダイゴールド

110215

去年みつけたスズメダイ
黄色というかなんだかピンクっぽい感じになりました
青みもあります
色彩変異の個体は水槽内で色が抜けていくんでしょうか
種類はいまのとこ不明です

セグロ経過
見た目は普通になったのですが
フロー管の周りをずっと回っています
もちろん何も食べません

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ