FC2ブログ

プロフィール

ACE-K

Author:ACE-K
ACEです
どうも

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来歴

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ウズキン

2年くらい前のウズ
色褪せを避けるためレイアウト水槽に入れていましたが、60cmではサイズ的に無理になったので、昨年120に移しました

200517A

やっぱり広い水槽だとどんどん成長します
サイズも模様もアダルトになってきました

200517B

"ウズキン"ですね
サザナミもですが、完全に成魚カラーになるには2~3年はかかる気がします
海でもそんな感じ
体長はレモンと同程度ですが厚みがあるので強いです・・・
それとナンヨウハギも育つの早すぎですね、半年前は10円玉サイズだったのに

近いうちに水槽をリニューアルする予定なので、もうしばらくの辛抱です

ソメワケのカラ-変化と維持

3年ほど飼育しているソメワケ

190708-1

これまで何度か飼った魚ですが、体色(青い部分)の維持がそれなりにできるようになってきました

190708-2
(撮影日:190708)

190709-5
(撮影日:190213)

190708-3
(撮影日:160828)

同一個体です
途中で尻ビレの青が退色していましたが、ほぼ完全に青に戻りました
ソメワケの青は消えやすいようで、以前別の水槽で飼育していた個体は尻ビレだけでなくアイバンドの青も退色していました

190708-6
(昔の別個体)

魚のカラ-は好みによると思いますが、海で見る魚の状態に近づけるのが理想です
水槽で綺麗に飼育している人もいるので、参考にしながら
ここ5年くらいは、ヤッコはスキマーを使ったベルリン水槽で飼育するようにしていましたが、悪くない感じです

参考までに現システム
・60x45x50水槽+40Lサンプ
・スキマー+クーラー+殺菌灯、濾材なし
・水換は2週間に1/3くらい
・ライブロックと底砂
・LED照明(朝点灯、夜消灯)
・餌はテトラフィンとか適当
・魚は若干少なめ
・チョウチョウウオはいれない

170708-7
(天然個体:水槽写真とは別)

サラサハタ


昨年初めて捕まえたサラサハタ

サラサハタ

6cmくらいだったのが倍になりました
ハタは肉食魚ですが、サラサハタは口が小さめ
餌以外の魚には基本無関心なのでけっこう混泳向きだと思います
実際、チョウと一緒で全く問題なしです
ちょっと大きくなりすぎてしまったので、里子かな

一方
3年近く同じ水槽にいたシチセン×2
急にイジメがはじまってしまいました
急いで隔離しましたが・・・

シチセン瀕死

手遅れでした
だいぶ前にも同じようなパターンでシチセンを★にしていたので悔やまれます
ずっと大丈夫でも急にイジメは始まりますね

それでも2匹で飼育するのは好きなので、試行錯誤していきたいです

ゲンロクダイ

ゲンロクダイ

180504-1

ウチの近所でも越冬している温帯のチョウチョウウウオです
水温14℃まで下がった水槽でも元気にしてました

居るのは深場のポイントで、大きめのしか見たことないので採るのは大変です
去年のをメイン水槽に入れましたが、やっぱりサイズがでかい感じです
もう少し小さめがいればいいのですが

180504-2

ソメワケヤッコ

昨年採集したソメワケです

150505A

ちょっと大きめの6cmくらい

150505B

レンテンと一緒にしています
時折、追われてますが、気になるほどではないので放置してあります



数年前にも飼育していたのですが
飼育して1年くらいすると体後半の青の部分がだんだん黄色になってしまいました
鑑賞価値ダウン↓↓

その時はチョウの入った混泳水槽でした
水質?照明?餌?
原因はいろいろ考えられますが、おそらくヤッコの色落ちに共通するようです
サンゴ水槽なんかで綺麗にキープされてる方がいるので、見習うように出来る範囲で飼育方法を試行錯誤してみます

レモンチョウ

ずっとダンゴウオの話だったので、たまにはチョウチョウウオの話を

日によって気温が違いますが、暖かい日が増えてきました
冬場は20℃設定の魚水槽もヒーターなしで24℃を超えるようになってきました

レモンチョウ

150411A

150411B

採集から今年で5年目
2匹の片割れを昨年里子に出してから若干状態が良くなった気がします
正面や上からみると太り気味な感じが
採れる機会は当分なさそうなので大事にしたいです

ダンゴウオ

ダンゴウオです

緑、赤茶、ピンクなどカラ-バリエーション豊富
見てて楽しい魚です

150221

近所の海では冬場に出てくる魚
なので水温は15℃くらいを維持しておく必要がありそう

蝶の羽根

ホウボウです
ヒレの鮮やかさは蝶(昆虫の方)の羽の様

140623

昔、海水魚の図鑑で見てずっと欲しいなと思ってました。
そのうちに居る場所が分かり、採れるようになったのですが、チョウチョウウオと一緒には飼えない魚ですね。
別枠でストック中。

この魚、実はフィッシュイーター。
小魚を入れると追い掛け回して(しかも早い)食べます。
メタルジグで釣れる理由が分かりました。

ハナゴイ

131222

ハナゴイです

今回はまとまって採集できました

が、この魚、こんなに飼育に手こずると思いませんでした
餌は食べてるかどうか微妙
水槽を覗くと石の下にすぐ隠れてしまう

キンハナやらケラマとは比べ物になりません
サンゴも食べない分ハナグロとかよりある意味難しいかも

今は冷凍ベビーブラインをやっていましたが、厳しい感じなので
ブライン沸かしてみようかと思います

バリエーション

130209

去年はキンチャクを多く見かけました

何匹か捕まえましたが、ほとんど人に渡してしまいました
残したのは色が気持ち薄い感じの1匹

ブルーラインがほとんどないタイプのようです
キンチャクは個体差が大きいですね
ハイブリッドなのもいるでしょうが
いろいろいて楽しいです

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ